贅沢な日常VOL-2
f0062350_12582417.jpg

夜の夜景も素敵ですが、朝もすんごく気持が良いです。
引渡しまでの数日間、毎朝ここに座って外の景色を眺めてました。
勿論、人のお家なので飲食は出来ませんが、工事が完全に終わるまでの間
責任者は私なので何時でも来れるし、誰にも文句は言われなかったのです。。。




◆リビングルーム  デイタイム・トワイライト・ナイトシーンです。カメラマンの写真です。
 かなりの広角で撮っているからなのか、CG画像みたいに見えます。
 天井が異常にゆがんでいるので実際の雰囲気とはちと違います。
f0062350_20245785.jpg

◆ダイニング側には夜になると、東京タワーが綺麗に見えます。
f0062350_1316683.jpg

◆壁面ディスプレイボックス
f0062350_19442427.jpg

◆玄関側見返りとコンソール左側は小さいですがバルコニーがあり植栽を
 ライトアップしてます。右下壁面ボックスのバックには夜になってもあまり反射しないよう
 照度の弱いキセノンランプを仕込んであります。
f0062350_1328445.jpg

◆朝のダイニングスペース。椅子を除き全ての家具はオリジナルでデザインした物で
 既製品は一つも無く、下に敷いてある絨毯もオリジナルでデザインしたものです。
f0062350_13224949.jpg

◆トワイライトからナイトシーンのダイニングです。
f0062350_13241286.jpg

◆リビングルームの中心はなんと言ってもテレビです。最初の計画はテレビの下は
 暖炉でしたが、色々ありましてテレビ台になりました。液晶テレビはせっかく薄くても
 脚があるとすっきりしないので壁面付けで左右に首振りが出来るようにしました。
 その足元にこんな風にディスプレイすると素敵ですねぇ~。
 (コーディネータKちゃんのアイディア)
f0062350_13344738.jpg

◆左の壁面ボックスの下にあるのは、猫ちゃん専用のクッション。 
 ソファーと同じファブリックを使ってます。居心地はどうですかねぇ。
 右上はバルコニーにあるアルフレックジャパンから入れた作家もんのプランター。
 ちょっとお高い!夜になるとライトアップします。それから、右下は今回の目玉
 4つのシーンをプログラムしたシーン照明スイッチ。
 デイタイム・トワイライト・ナイト・ミッドナイトタイムに合わせて1個押すだけで
 照明の明るさがそれぞれ変わります。私が各シーンごとに調光を設定したので
 住む人は一つのスイッチを押すだけでいいのです。今回は玄関とリビングルームのみ。
 普通住宅では使わないと思います。こういうのが贅沢っていうもんですねぇ。^^

f0062350_13541520.jpg

◆窓際においたライティグデスク。こんなのがあったら、毎日手紙を書きたくなります。
 封筒・便箋・はがきも住む人の為にデザインしました。はがきの写真はここの住人
 幸せな猫ちゃんの一匹です。小物は基本モダンで、バルス東京・リビングモチーフ
 カッシーナイクシー・マチュリテ・バカラ・スワロフスキー。アジアンテイストの
 クオリティの高いリゾート風雑貨はエンライトギャラリー・ヒッカドゥア・ラタンは
 ザ・ブリス、そしてバンコクに行ったついでに何点か担いできました。
 電化製品はアマダナを結構入れてます。 
f0062350_14152768.jpg

f0062350_13194665.jpg

◆オープンキッチンではありませんがテレビが見れます。
f0062350_14222945.jpg

◆ゲストルームです。普段は幸せな猫ちゃん3匹のお部屋です。
f0062350_14512228.jpg

 額装してあるのは、ご存知お猫ちゃま。ここでいいから住みたいですねぇ。
f0062350_1451432.jpg

ベッド足元ベンチ。ホテルみたいですねぇ~。
f0062350_14525498.jpg

◆長い廊下を抜けると、そこは真っ白いドレッシングルームでした。
 機能的に考えたので、使いやすい筈です。自分の家もこんな風にしたいなぁ。
 見えないところは100円ショップのもので我慢してるもので。。。(貧乏くさいです)
f0062350_14305224.jpg

ハンドウオッシュは定番モルトンブラウン、ドライヤーもアマダナの白で皮の
コルセット付き。ヘルスメーターは最近は在庫がほとんど無く、やっとこさ見つけた
ドイツのシェーンレ社クロノ。
f0062350_14354585.jpg

洗濯機の上のラタンバスケットはちょっともったいない気もしますがランドリー用。
他のラタンに比べればクオリティが高く引っ掛かりあまりありませんが、花柄の
ファブリックをかぶせて見ました。縁にブレードを付けるとクラシックな感じがして
高そうでしょう~。
f0062350_14423133.jpg

カバーをはずすとこんな感じ。厚みもあってしっかりしてます。ザ・ブリスの商品です。
f0062350_14485358.jpg

タオルの定番はシルクタッチの白ですが、カラーバリエーションもそろえています。
 家にもほしい!全てイニシャルいりです。
f0062350_1541377.jpg

◆180㎡なんだからトイレは勿論2つあります。こちらはゲスト用です。
 トイレットペーパーにはホテルみたいにオリジナルシールが貼ってあります。
f0062350_157190.jpg

◆こちらはファミリートイレ。真っ白です。
f0062350_158590.jpg

◆オリジナル家具です。
f0062350_1841155.jpg

◇フゥーおしまいです。日本の場合アメリカなどと違い生活に必要なものは
 クラシックでは揃えられないので、あえてモダンな物を入れたり、ディスプレイ
 のコンセプトをアジアンリゾートでまとめ、家具などは面縁やねこ脚など使わず、
 象嵌などの手法を使ってデザインすると、少しモダンなにおいを感じ、クラシックな中にも
 新鮮で気持の良い住環境が生まれると思います。
 今回は生活に必要なものまで揃えたので、結構大変でしたが
 ディスプレイを手伝ってくれたizolaちゃん ありがとう~。
 
 最後に、喧嘩しながら最後まで一緒に頑張った愛する奥さんとのツーショットで
 締めくくりたいと思います。
f0062350_1743026.jpg
 

☆『贅沢な日常』の記事は、今月いっぱいで非公開とさせていただきます。
by works1211 | 2008-09-18 20:32 | インテリア・建築
<< バンコク VOL-1  贅沢な日常VOL-1 >>