Commune by the Great Wall/BEIJING-1
f0062350_0161663.jpg
北京郊外、万里の長城の3代観光スポットのひとつ八達嶺から車で約20分
北京市内からだと約1時間半、高速道路を降り数10分のところに看板がありました。




観光地図にも載ってない寂れた感じの万里の長城に上れそうな所のゲートを
くぐると山岳民族らしい人がやってる土産物屋さんがあり(写真上から2番目)
その先にはこんなとこホントに泊まる人がいるんかいと思うようなぼろい民宿
(写真上から3・4・5番目)を抜けたところにそこはありました。
観光地化されたところの万里の長城は、感動する暇もない位、人がアリンコみたいに
うじゃうじゃいて、頂上付近は20m進むのに15分くらいかかるほど渋滞していたので、
人がいなく手入れしてないこのあたりを登ってみたほうが歴史を感じたのかも知れません。
f0062350_20593822.jpg


人がアリンコみたいにうじゃうじゃいて渋滞してた観光地化されたところの万里の長城,八達嶺
f0062350_018677.jpg


『Commune by the Great Wall』が一般の人に知られるようになったのは、普通とは
一味違うインテリアの中で吉永小百合が出てるシャープアクオスのTVコマーシャルです。

開発したデベロッパーは北京で話題の高級マンションを立ち上げ注目の的の
「SOHOチャイナ」という30代二人が経営する若手デベロッパー。
アジアの有名(?)な建築家12人を起用し1棟づつデザインした別荘を宿泊・パーティ・イベント
等に利用でき前日までに予約は要りますが見学(一人¥2000くらいお金は取られます)
だけでも出来るという、いわばモダンデザインハウスの住宅展示場みたいでもあります。
2期工事中であと数棟10月中に完成できるるという事でした。

利用してなければ内部も見れますが、今回は日本の建築家 坂茂のデザインした
FurnitureHouseと子供用のKisHouseの2箇所だけであとは外から中を覗いただけです。
クラブハウスにはレストラン・カフェスパなどもありましたが決して安くは無かったです。


■まずは、韓国人建築家がデザインしたクラブハウス外観です。
 さび鉄板をふんだんに使ったソリッドでシャープなデザインですが
 部分的に木を使っているので、温かみがあるし好きなデザインです。
f0062350_2441561.jpg

f0062350_2442996.jpg

f0062350_2443980.jpg

■内部に入ると、上海ではニーハオおじさんが迎えてくれましたが
 ここでは“満腹おじさん?”が迎えてくれました。
f0062350_2552239.jpg

■ロビー全体ですが、右下の階段手摺を見てください。
 手摺がきりっぱなしです。普通はつながげていくのですが、細かい事は気にしない?
f0062350_2555438.jpg

■廊下に面したバルコニーに靴が干してありました?
 でも、よくよく見るとアイアンで出来たアートですが、意味は勿論分かりません。
f0062350_35059.jpg

f0062350_3510100.jpg

■2Fにあるカフェテラス。ここは気持ちよさそう~。白人さんばかりいました。
f0062350_353026.jpg

■カフェテラスの通路から見た景色で、遠くに万里の長城が見えますが
 この敷地の中で一番ロケーションが良かったです。
f0062350_354244.jpg

■体育館みたいなところでスタッフトレーニングしてましたが
 あまりと云うか緊張感はありません。お客さんから見えるし、近くまでいって写真もとれたし。
f0062350_12173424.jpg

f0062350_1218124.jpg

■次に行ったのは、やはり一番有名になったBamboo Wall「竹屋」。
 デザインは日本の建築家、隈研吾さん。現在修復中で内部は見ることは出来なかった上
 吉永小百合が座っていた所(建物中央)は足場が掛かっていたし埃まみれで残念。
 あそこって、内部だとばかり思ってましたが、外のテラスだったんですよ。
f0062350_36235.jpg

手前にある建物の屋上から見たところ。つながっている様に見えますが、切れてます。
f0062350_361240.jpg

f0062350_32349.jpg

左上に見えるのが万里の長城。
f0062350_363827.jpg

f0062350_371091.jpg

ここが吉永小百合が座っていた所です。TVはこの裏からのアングルでしたが
手前に足場が掛かっていたので写真は撮れませでした。
意外と狭いし、テーブルがちゃちなのは?
f0062350_3123979.jpg

竹組みディテール。
f0062350_3125094.jpg

内部に入っちゃ駄目といわれたけど、せっかく来たのでそういう訳にはいきません。
スタッフが外に出た隙に中に入ってパチリ、慣れてます。
でももう一人中にいたので1枚だけで退散。根性なしでした。
f0062350_3135225.jpg

■クラブハウスの隣に竹屋と同じデザインのSPA棟がありましたが、これも隈研吾さんが
 デザインしたのかな~?最初の計画配置図にも載ってなかったし
 普通コンセプトが違う建物に同じデザインはもってきませんけどねぇ?多分ちがうかも。
f0062350_12435662.jpg

f0062350_12441359.jpg

f0062350_12444510.jpg

午前中は万里の長城にも登ったし、この施設の中はアップダウンがあるので
移動するのに疲れたし、普段運動不足なので途中マッサージをして貰いました。
何故かチャイニーズではなくタイ式で、高い割には(日本と同じくらい)イマイチでした。
f0062350_1245046.jpg

f0062350_1245963.jpg

モダンなドアの白に伝統的な赤の飾りがモダン中国らしいです。
f0062350_12451950.jpg

■昼食は中にあるモダンチャイニーズのレストランでした。
 ここはアクセスが悪く車でしか来れないとこなので、運転手付車で来て
 帰りの時間と待ち合わせ場所を約束したのですが、この施設の中では
 何処も行くところがないらしくいつの間にか付いてきて、
 一人でゆっくり回りたかったのに、うつとうし~。
 でも、冷たく出来ない僕は無言で一緒にランチを食べました。
 中国語しか話せない運ちゃんだったので。。。
 パーテイション代わりのカーテンは、なんかHっぽいあるよ。
f0062350_1343191.jpg

f0062350_1351148.jpg

f0062350_1353797.jpg

壁は薔薇の花のレリーフ。
f0062350_1345926.jpg

ヘルシーな野菜の中華。運転手はほとんど残してました。
昼食にしては結構高いのに・・・。失敗!
2番目の写真はスープの蓋付き。
カッコ付けたレストランでも欠けてても気にしないのが中国風?
f0062350_136483.jpg

f0062350_1365592.jpg

f0062350_1371496.jpg

清々しい笑顔と黒に赤い星のバッジがモダン中国っぽい。
f0062350_13105894.jpg

■トイレサイン。女性の方はどうなってたか見るの忘れました。失敗!
f0062350_1373425.jpg

ドピンちゃんの内部。
f0062350_1375136.jpg

f0062350_138232.jpg



万里の長城の麓にあるというふれこみでしたが、敷地の何処からでも見える
というのではなく、見える所が一部あるというだけで決してロケーションが良い
と云うので無い上、ランドスケープデザインもされていないので
万里の長城が見えなければ只の山の中でした。
それと、上海もそうだった様にここ北京も天気が良くてもモヤッてスカッとしません。
黄砂の影響ではなく、急激に発展してるので光化学スモッグでしょう。
だから写真の色が悪いのは、私の腕のせいではなくスモッグですから~。

でも15分くらい山道を歩くと手付かずの誰も人がいないプライベート万里の長城が
体験できるので、1泊して登って見ると雄大な景色と対話出来るかも知れません。


ちなみに、宿泊するのに1棟日本円で1日20万~40万で一見高そうですが
大きいところで8人は泊まれるので、一番高いところでも一人5万円(サービス料15%は別)
くらいなので考えようではいいかも。
金持ちの悪がきを気取ってどんちゃん騒ぎして翌日はだあ~れもいない万里の長城で
ビールなんぞ最高ーあるよ。

今日はクラブハウスのトイレまででおしまい。次回は宿泊できる別荘です。
by works1211 | 2006-10-06 20:05 | ホテル・旅館 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://works1211.exblog.jp/tb/3489281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リリイ at 2006-10-07 01:07 x
八達嶺行きましたよ~昔。
冬に行ったので風が強くて吹き飛ばされそうになりましたが、どうでした?
私はCommune by the Great Wall行かずして、妄想旅行♪
1棟20万からとは恐ろしく高い!
アマンより高いじゃないですか~。(笑)
家族旅行ではとてもじゃないですが、行かれませぬ。
北京駐在にでもなったら、きのおけない友人達とパーティなんてしたらステキかも。
Commented by たけ at 2006-10-07 18:58 x
ほんと、アリンコ状態に人がいっぱいですねぇ。
私は中国って行ったことがないけど、
こんなモダンなトコもあるんですね!
それにしても、worksさんの日記って写真がいっぱいで、
いつも見るのが楽しいです♪
Commented by works1211 at 2006-10-08 00:29
☆リリイさん。
八達嶺は天気が良くて気持ちは好かったですが
なんせ人が多くて、歴史を感じるところではあ~りませんでした。

ロケーションなど考えると高いし、同じお金を使うなら
アマンにいきますねぇ。
でも、北京駐在になったらパーティに是非よんでくださいね~☆
Commented by works1211 at 2006-10-08 00:35
☆たけさん。
最近、どんどん近代化されてトイレもちゃんと
あるようになったし、近いので一度行くのもいいかも♪

一応資料として残そうと思ってるので写真が多いのです。
普通の人にはあんまり面白くないと思ってましたが
そう云われるとうれしいです。^^
Commented by jun at 2006-10-08 16:59 x
いー、いー、なー。
行ってみたいっす。

写真で見ると凄く晴れているようだけど、
こんな山奥でも、モヤが出てるんですねえ。
開発の勢いが、ものすごいからかなあ。

内装も色々興味深いですねえ。
やっぱり日本人との考え方の違いを感じます。
色々と・・・。
Commented by works1211 at 2006-10-08 22:57
☆jun クン。
写真はあまりにもくすんでいたので
ちょっこら修正してあります。

今回の内装は韓国人だけど、
ディテールも、只切れ味良いだけでなく
アジアぽさもあって日本人の感覚とは若干
ちがうねぇ。

ところで最近、やっと一段落したし北京のお土産あるから
遊びに来てください。
Commented by tomoko at 2006-10-09 22:30 x
あのCMのままですね!狭かったのですか??
いつも、あのシリーズの景色を自分の眼で見れたらいいな~と思います。

雄大な自然に囲まれて、仲間を集めて
パーティーして、誰も居ない万里の長城っていうプランはすてきですね~!!卒業旅行の沖縄を思い出します~。9人でした。
仲間と、楽しいですよね。
でも、そのお値段、1泊かぁ・・・。充分高いですよ~笑(^へ^;)
もっと余裕ある大人になったらしたいです!!♡(結局これです笑)
Commented by works1211 at 2006-10-10 19:12
☆ tomoko さん。
3帖間くらいで、リビングルームだと思ってましたが
外にある茶室みたいな考え方でした。
改修中で、丁度目の前に足場があって雄大な景色が邪魔されて
いたせいもあり、なお更狭く感じましたね。

安くはないですねぇ。
でも、時間にするとヘリコプターより、安いんじゃない♪
Commented by Queen2001 at 2006-10-11 10:33 x
古臭さとモダンが入り混じっていて不思議な空間かも
映像を通してみるのと現実の違いって沢山有るよね。
映像作家の腕の見せ所なのだろうけど、実際行ってみて本物を見て
あら?って言うの多いし・・・
中国もかなり観光ずれしているってことね。
Commented by works1211 at 2006-10-13 00:18
☆Queen2001ちゃん。
そうだねぇ。
百聞は一見にしかず。だから、行って見なきゃほんとのところは
わからないから、お金をかけても自分の目でみたくなるよ。

お土産あるんだから、寄ってよ~♪
Commented by izola at 2006-10-17 20:41
意外と観光地化された場所なんですね。
もっと他には何もないところにぽつんとあるようなイメージでした。
バンブーウォール、中までゆっくり見れなかったのは残念ですねぇ。
何かデザインのヒントになるようなものはありましたか?
Commented by works1211 at 2006-10-18 09:46
☆ izolaさん。
いや、結構山の中にぽっんとありましたよ。
多分夜だとかなりさみしいと思います。
観光地化された万里の長城ではなくこの近くの
長城に登って見る方が印象が違ったと思います。

ここはバンブーウオールがメインだと思うのでほんと、
せっかく行ったのに残念。
具体的には無いけど、新しいものを観たり感じたりすると
俄然創作意欲がわいてくる事なか。
<< Office b6(ビーロク) >>