モダンレストランin上海
2回目は上海のモダンレストランをご案内致します。
場所は外灘3号という歴史的建物をリニューアルし、今上海で一番クールな飲食ビルで
デザインは、一世を風靡したポストモダンの旗手マイケルグレイブス。
最近は噂を聞かなくなりましたが、こんなとこで頑張ってたのですネ。

7階には前回屋上テラスからの中国国旗、深紅の五星紅旗がなびく
カジュアルダイニングバー『New Heights』があり
ジャン・ジョルジュ・ブォンヘリクテンのフランス料理にするか
ジェレミー・ルーンのモダンチャイニーズにするか迷いましたが、中国に来たからには
やっぱり中華でと云うことで、5階にある『Whampoa Club』で昼食をとりました。
f0062350_23305669.jpg

☆上記の写真は外灘3号ではなく、近くにある外灘8号のエントランスで
 迎えてくれたニーハオおじさんです。 あんまし、カワイクないですねぇ。




◆外灘3号1階エントランスサイン。
f0062350_057084.jpg

◆『Whampoa Club』のデザインは、三井住友銀行のロゴをデザインしたアラン・チャン。
 エントランスホール。真紅の壁面にレリーフがいかにも中国モダン。
 この色使いは私たちには新鮮です。
f0062350_017147.jpg

f0062350_0213074.jpg

f0062350_0214483.jpg

◆レセプションデスク。
 あまり使ってる様子はありませんのでディスプレイかな。
f0062350_0215688.jpg

◆店内アプローチと右側にウエイティングソファー、そして右側の壁は一面FRPのレリーフ。
 かなり長くて、東京だともったいないです。
 突き当たりにシャンデリアが床につきそうです。
f0062350_0161541.jpg

◆シャンデリアをオブジェっぽくしたかったのでしょう。
f0062350_0223995.jpg

◆店内のパーティションは、何色かのカラーガラスを使っています。
 モダンですが、アプローチなどと比べて少しレストランにしては軽い感じがします。
f0062350_023056.jpg

f0062350_0231292.jpg

f0062350_0232293.jpg

◆窓からは浦東のビル郡が見えます。
f0062350_0272558.jpg

◆夜は綺麗だと思います。実は前日PM10:35に来たのですが
 ラストオーダーが10:30で食事できませんでした。融通は利きませ~ん。
 それから、ビルなどのライトアップも10:30で消えました。
 夜景を楽しみたい方は、くれぐれも注意してくださいね。
f0062350_0274922.jpg

◆フゥ~、やっと料理です。
 一緒に行った方は、コースが嫌いなので単品で頼んだ為
 割と普通の料理しか食べられなかったのが残念。
 まずはテーブルセッティング。
f0062350_0282189.jpg

◆プレートの穴は、ナプキン用リングが入るための穴です。
f0062350_0284166.jpg

◆その中でもちょっと可愛い料理をピックアップしてみました。
 紹興酒を入れたクラッシュアイスを、
 お団子みたいに固めたものが出てきましたよ。
f0062350_029489.jpg

◆その中には、棒棒鶏が入ってましたぁ。
f0062350_0291629.jpg

◆このくらげちゃんみたいなものは何でしょう~。
f0062350_029303.jpg

◆春巻きです。カワユイですねぇ~。パリパリして美味しかったです。
 でも、食べたのは、スーツを着た男5人!(似合わなぃ~)
 後の料理は味は美味しかったのですが、見た目は普通なので
 終わりです。ここの料理は見た目はモダンですが
 伝統的上海料理なのでお味は結構濃厚でした。
f0062350_0561531.jpg

◆トイレのサイン。中華料理店をデザインする方、参考にどうぞ。
f0062350_033948.jpg

トイレの中に何故かソファーがおいてありました。(写真左側)
 写真には写ってないけど、右側に小便器があります。
f0062350_2014813.jpg

◆そして、迷っていかなかったジャン・ジョルジュ・ブォンヘリクテンのレストラン
 『Jean Georges Shanghai』の店内アプローチと店内。
 デザインは、全体計画をした、マイケルグレイブス。
 色々撮ったのですが、あまりにも暗くて手ぶれして見せられません。
f0062350_0474077.jpg

f0062350_0475384.jpg

◆そして最後にもう一度、謝謝おじさん。
f0062350_0333292.jpg


☆アジア人のモダンデザイン、我々とちょっと違います。
 どう違うかというと古いものの中に新しいものを
 少し強引なくらいに組み合わせます。

 我々日本人は、どちらかというと形より考え方に拘って
 新しいけど懐かしいとか、懐かしいけど何か新しさを感じるとか
 “目をつぶるとイメージが広がる”みたいな感じです。

 同じ顔をしたほかのアジアのデザインは、視覚的で
 目をつぶると、暗闇でした。。。
 会話や自己主張なんかの考え方も同じだけど
 デザインも、持てる力を100%出し切るのが、中国や韓国で
 詫び寂の世界のように、20%の力をあえて出さないで、お互いのこころの中で
 楽しむのが、やっぱり日本人的だな~と思いました。
 
※次回は上海ネタの最終回です。
by works1211 | 2006-04-11 02:30 | 旅行
<< 上海&SHANGHAI. Smog in SHANGHAI. >>