コペンハーゲン/2、JUNKOさんのお家。
北欧3カ国、ヘルシンキ・ストックホルム・コペンハーゲンの旅/2。
最後のコペンハーゲンで、TOVEさんのお家のあとは、デンマーク人の
旦那さんがいらっしゃる、ガイドをして頂いたJUNKOさんのお家に招待されました。
写真は、息子、junkoさんそして旦那様。
f0062350_182247100.jpg





◆まずは、玄関です。TOVEさんのお家もそうでしたが
 日本みたいに、ジャ~ンとした感じではなくごくごくシンプルで
 広くとってませんが、下駄箱兼のディスプレイとしてのコンソール
 で雰囲気を出しています。
f0062350_17522473.jpg

◆リビングルームで、右端の方が旦那様です。
 この一見只のオッサン(失礼)が、インテリアデザイナー顔負けなのです。
 お家の中の家具のセレクトやディスプレイは、この旦那さんが全てコーディネイト
 するという事でした。 日本だとオッサンは只のオッサン!ここがちがいますネ!
f0062350_17514444.jpg

◆リビングからダイニングを見たところ。
f0062350_1813263.jpg

◆ダイニングからリビングを見たところ。
f0062350_1815097.jpg

◆ダイニングテーブル。
f0062350_1821673.jpg

◆ただシンプルにまとめるのではなく
 空間のあいたところのモビールがかわいいですね。
f0062350_1824295.jpg

◆キッチンの入口。
f0062350_1852956.jpg

◆いきなり来てこれですよ!
 日本の主婦の皆様、いきなり来て写真撮らせてくれます?
f0062350_18114631.jpg

◆ウ~ン。 ピカピカ~☆☆☆
f0062350_1854418.jpg

◆決して高いものを置いてる訳ではありませんが
 キレイ!絵になってますネ。
f0062350_183784.jpg

◆トイレとシャワースペース。
 こちらの方はTOVEさんもそうでしたが、お風呂は無くシャワーで
 日本みたいに、力入ってません。でもシャワーカーテンは近くのスーパーで
 買ってきたといってましたが、でもかわいいです。
f0062350_1832599.jpg

◆窓には必ず、必ず!お花があります。
 窓には花を!そして“こころ”にも花を!で、夫婦円満。^^
f0062350_1835185.jpg


今回の北欧旅行は、期せずして2軒のお宅を訪問でき、ほんとラッキーでした。
この2軒のお宅は決して特別では無く、回りの住宅街のお家からは
“あたたかい”雰囲気がただよっていました。
誰かに見せるために、キレイにしたり片付けたりすのではなく、自分達が
豊かに暮らす為に工夫するという事です。

この2軒のお家の写真を見て、気がつくと思いますが
ほとんど天井に照明器具は付いてい無いのです。
付いているのはキッチン、トイレ&シャワーの機能的に必要な所にダウンライト。
そしてテーブルの上にコードペンダント。

このコードペンダントも必ずテーブルの上を明るくするものをセレクト。
よく、デザインだけ気に入って、下を照らさないコードペンダントを
選ぶ方がいますが、ぜ~ったい、いけません!
せっかく腕によりをかけた料理が、美味しく見えないからです。
住宅のデザインというのは、色や形ではなく、生活のしかたそのものです。
形を選ぶか機能を選ぶか二者択一では無く、
デザインは、生活し使いこなして、はじめて完成されるので、両方大切です。 
アートは、そばにあるだけで幸せになれるかも知れませんが、デザインは
使いこなさないと幸せになれません。と、私は思います。

話が横道にそれたので元に戻ります。

他は全てテーブルライトなどの間接照明が主体で、それもケチっていません。
日本だと、電気代がかかるから人が来たときだけ!とか云いません?
間接照明は、部屋全体をやさしく包み込むし、なんと云っても
“奥さんが綺麗に見えます。”
昔、TVでかみさんくどいてどーするというお酒のコマーシャルがありました。

私が住宅をデザインする時のコンセプトは、『かみさん口説ける家作り』です。
ウソじゃなく真面目な顔してクライアントにプレゼします。^^
奥さんが幸せになれば、家族みんな仲良く暮らせ、幸せになれると信じているからです。
ずっ~と、女性のお店ばかりデザインしてきたので、女性の気持ちは良~くわかるのです。
(うちのカミさんは、ぜんぜん分かって無いと言いますが・・・・・)
だから、ライフワークは女性を幸せにする事なのです。
大事な事は、1年に1回!“愛してるよ”の一言です。
これは、蛍光灯やフラットな灯りの下じゃぜ~ったい言えません。間接照明の下じゃないと。。。

まあ、そんなことで北欧旅行で感じた結論は、やっぱり
間接照明が大切だったという事でした。

今回デンマークのガイドをして頂いたJUNKOさん。最初はスケジュールどうりにいかなく
失敗したと、散々文句ばっかり云ってたのに、ほんとはステキな方でお世話になりました。
その後、私は仕事があり息子と別れてミラノに行きましたが、息子は
コペンハーゲンの空港内にある免税店でも働いてるJUNKOさんに、
お土産を安くしていただきました。
このBLOGは連絡してないので、見て無いと思いますが
ほんとにお世話になりました。 ありがとう~♪

※このあとミラノで、旅行に来ていた京都にお住まいの素敵なご夫婦と出会い
 仲良くさせてもらってます。 それで、一時祇園に凝りました。^^
 この出会いのお話は、又、いつか・・・・・・・。。。
 
 
by works1211 | 2006-03-22 15:50 | インテリア・建築
<< たまには、和室もいいもんだ。 春になると思い出す、一客のコー... >>