<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Furniture
f0062350_1283396.jpg

5月に引越しが決まり、奥さんのたっての希望でソファーを発注しました。
今までは部屋が狭いせいもありますが、食事をしながら団欒出来るよう
ダイニングテーブルを大きくし、食事を通して会話がはずむ事を考えていましたが、
子供も成人したので、ゆっくり寛げるソファが良いかなと思ったのです。

仕事でコーディネイトする時、クライアントには家具は一生ものなので
安いものを買ってはいけません!気にいったものを買うのですよと云ってます。。。

でも、自分の時はやはりお金の事が気になりますねぇ。ホント
でもさんざん悩んだ挙句、気にいったものを買いました。
奮発して、上記の写真の黒のレザー貼りで、2シーター1カウチの組み合わせです。
愛妻家なので(?)カウチの上で奥さんがゴロンと出来るのです。
それと、ちょっこらお高かかったので、頑張ってかせがなくっちゃです♪

メーカーは、コーディネイトで時々使う、デンマークの組み立て家具
『Bo Concept』です。クオリティの割りには安いと思います。
でも、最後の決め手は、銀座店の感じの良いアシスタントマネージャーさんと
カタログのキャッチコピーでした。

人生、持つべきものは気のきいた家具と友人ですよ。

仕事でキャッチコピー考える事もありますが、私のツボにはまりましたねぇ~。
皆さんも是非、気のきいた家具と暮らしてくださ~い♪
by works1211 | 2007-03-30 01:57 | インテリア・建築 | Trackback | Comments(8)
Biew of 40F.
f0062350_203131.jpg

先週5月末に入居する予定のマンションの内覧会に行ってきやした♪
申し込みをする時、東西南北どちら向きの部屋にするか迷ったのです。
レインボーブリッジの見える東側。富士山と東京タワーやビル街の夜景が美しい西側。
海とビル街と富士山が見えて日当たりの良い南側。そして、下町側のビル街が見える北側。

夜景の西側か日当たりの南側のどちらをとるか迷いましたが、終の棲家と思っていたので
日当たりの南側をとってしまいました。でも、でもです、よ~く考えてみると昼間はほとんど
家族全員いないので、西側にすれば良かったとちょっぴり後悔しています。ウゥゥ。。。

写真はモヤッテいますが、晴天の日には富士山が綺麗に見えるはずなので
まあ、楽しみにしておりますです。


この記事を気に入ったらワンクリックお願い♪
by works1211 | 2007-03-18 11:35 | その他 | Trackback | Comments(12)
オーランド~マイアミ視察旅行/Vol.3
2006/8/9の記事『籠の鳥』の東京東雲にある某有名建築家5人が競った内の
ひとつにあるグレーチングで覆ったテラスとは違い、それは“生活に活かされて”いました。
f0062350_14271049.jpg


More》》 それとは・・・・・。
by works1211 | 2007-03-09 16:38 | 旅行 | Trackback | Comments(10)
パフューム
f0062350_1535487.jpg
3月3日公開の『パフューム』初日に観てきました。今年に入ってから立て続けに
4~5本観てますが前回はアカデミー賞最優秀助演女優賞を貰った、な~んも考えなくて
ひたすら楽しめ、ビヨンセが主演なのに助演女優のジェニファー・ハドソンが主役の
『ドリームガールズ』なんと云ってもビヨンセが美しすぎるのと、カンバックした
エフィー(ジェニファー・ハドソン)が歌う「ワンナイト・オンリー」はジーンときました。
その前は美しいベルサイユ宮殿とスイーツを見たさに行った
『マリーアントワネット』があまりに“ストーリーが無かった”せいか、
パフュームの内容の濃さとパリの汚さに圧倒されてしまいました。(笑)


《下記ストーリーは公式HPより一部抜粋》
汚臭漂う18世紀パリで産み捨てられた主人公グルヌイユ(ベン・ウィショー)。 
彼は、遠く離れた匂いも嗅ぎ分け、どんな香りも記憶し、再現できる超人的嗅覚の
持ち主だった。ある日彼は、かつてない香りを放つ赤毛の少女を見つけるが、
誤って彼女を殺してしまう。
やがてグルヌイユは究極の香りを求めはじめパリの香水調合師バルディーニ
(ダスティン・ホフマン)に弟子入りして香水の作り方を学び、もっと高度な技術を持つ
職人の街グラースへと向かい、技術を習得した後

9つの香りを抽出し、それを混ぜ合わせて究極の香りを創るために
9人の赤毛の美少女を殺し始めるところから、だんだん引き込まれてしまいました。
只、終盤の究極の香りを振りまくところがクライマックスシーンなのでしょうが
愛の楽園のごとく広場での壮大なホモ以外の乱交パーティみたいな展開には
ちょっと笑っちゃう感じになりました。でも、何千人のセックスシーンはCG
じゃないとしたら、凄い事ですよ!エンディングは、人を愛したり愛されるのに
何もいらない事に気づいたみたいな展開には、普通すぎてちょっとがっかりでした。

途中まで内容が濃かっただけに、もっと強烈な余韻を残して欲しかったです。
監督/脚本:トム・ティクヴァ。でも「愛の嵐」みたいにドイツ映画だけあって
ハリウッド映画にはない、なかなかGOODな映画でした。
それと、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の荘重かつ華麗な演奏も良かったです。
最初のシーンはちょっと気持ち悪くなる部分もありますがカップルで行く事を奨めます。
でも、香水は付けてかない方が良いかも。
何故なら、どう転んでも“究極の香り”には負けるからです♪

それから、おまけにもう一本。昨日『さくらん』観てきました。
流れるようなストーリーや映像の展開はなく、写真のベストアングルの繰り返し。
カメラマンからいきなり映画監督はやはり無理があるのでしょう。
土屋アンナだけ綺麗に撮らないで、私が好きな木村佳乃や夏木マリも
もうちょっと美しく撮ってほしかったです。。。
只、パフュームには負けますが“オッパイ”がい~っぱいありましたぁ。
それもドアップで。嬉しくなっちゃいます。^^
最近赤を着こなしてる私には“赤”を使いすぎてると思いましたが、
花魁のコスチュームやインテリアは面白いので、『マリーアントワネット』
同様それに興味がある方は楽しめます。
ちなみに、一緒に観た奥さん曰くストーリーはともかく映像が綺麗なので
結構楽しめる映画だと云っておりましたです。ハイ!



この記事を気に入ったらワンクリックをお願いします♪
by works1211 | 2007-03-06 17:43 | 映画/ドラマ | Trackback | Comments(12)
オーランド~マイアミ視察旅行/Vol.2

f0062350_17545184.jpg

今回リサーチしたのは下記住宅開発地域とリタイアメントコミュニティ及び介護マンションです。
オーランド近郊
アクティブ・リタイアメントコミュニティ「ビレッジ」TND開発「ボールドウイン・パーク」
自立・介護の両方を持つ都市型高齢者マンション「ルセラン・タワー」
オーランド~マイアミ
リゾート型TND開発「ウインザー」ここは乗馬クラブやヨットが係留出来る住宅もあり
かなり高級な住宅地というより別荘地でした。ニューアーバニズムの住宅地「アバコア」
マイアミ近郊
小規模リタイアメント・コミュニティ「エメラルドパークリタイアメントセンター」
高級有料老人ホーム「クラッシックレジデンス・バイ・ハイアット」
そして、マイアミ市内にあるアールデコの建物群。

注:TND開発というのは、全体の町が半径600Mを単位にこじんまりまとまっており
生活行動範囲は徒歩で行き来できるよう歩道のネットワークで構成され
住宅と店舗や業務、工業などの用途が有機的に混合立地するよう計画されてる
アメリカの住宅開発をいいます。

今回はその住宅地の美しい庭と外壁にデコレーションしてるグリーンの特集ですので
住宅をお持ちの方やこれから住宅を検討されてる方は是非参考にしてください。
上記の写真は庭や玄関にいたワンちゃんです。

グリーンデコレーションの数々をご覧ください。
by works1211 | 2007-03-04 17:53 | 旅行 | Trackback | Comments(14)