★久々の休暇は、軽井沢“星のや”で温泉三昧。
今回は番外編。
正月にお休みをとっていなかったので1泊2日
家族3人で昨年7月リニューアルオープした話題の軽井沢“星のや”へ。

◆『谷の集落に滞在する』をコンセプトにした、星のやは
 ○水波の部屋
 ○山路地の部屋
 ○庭路地の部屋
 の3つのゾーンに別れていて、私たちは水波の部屋の1階に泊まりました。
 (写真一番下の真ん中辺)
f0062350_2345739.jpg

f0062350_19112928.jpg

f0062350_1857255.jpg





◆まずはチェックインカウンターです。
 この前に、別のところにウエルカムゲート(最初の写真)があり
 そこで荷物を預けて専用の車でここまで来ました。
f0062350_19353942.jpg

f0062350_10243215.jpg

◆部屋に入ると、谷の住人になる為の服を渡されました。
f0062350_1757265.jpg

◆浴衣と帯。私は作務衣を着ましたが、
 この帯は、isseyのしわ加工したスカーフ見たいで、
 かわいかったので首に巻いてました。^^
f0062350_19145362.jpg

◆作務衣。靴下もついています。
f0062350_19151260.jpg

◆カミサンは、チェックインしてすぐにオイルマッサージへ
f0062350_1942497.jpg

f0062350_10222899.jpg

◆その間に、お部屋にあるお風呂の窓を全開して露天風呂に入る事に。
 ガラリを開けると外の景色が見て気持ちがいいけど一応しめました。
f0062350_18585536.jpg

◆お湯をはり頭の部分から見たとこです。
 柚子の香りと檜の肌触り、そして川のせせらぎ。
 いや~日本人に生まれて好かったと実感しました。 極楽!極楽!

 お風呂はこの他外に、宿泊者以外でも入れる『トンボの湯』と
 宿泊者専用、24時間いつでも入れる『メディテーションスパ』があり
 このなかには<光の部屋>と<闇の部屋>があり、写真は無いけど
 特に、真っ暗な闇の部屋は面白いです。
 
f0062350_1905289.jpg
 
※この半露天風呂は水波の部屋“1階”にしかありません。
 でも余りお風呂に入りすぎ、帰って来てから風をひいて2~3日寝込みました。
 冬に行く方は気を付けてくださいネ。

◆お部屋の中は、こんな感じの和モダンです。
 ソファーのクッションがちょっと多いかナ。
f0062350_2342117.jpg
f0062350_23424589.jpg
f0062350_2341412.jpg

◆和食のメインダイニング。ディナーはここでしましたが、
 相撲の桝席見たいに階段状になっており掘り炬燵でした。
 外人にはうけるかもしれないけど、
 食事はもう少し落ち着いたほうがいいかも知れません。
 料理の写真を撮ったのですが、暗すぎたので一枚だけ。
f0062350_0243190.jpg

f0062350_10282977.jpg

◆ライブラリーカフェ。フリードリンクですが、5~6席位しかソファーがありません。
f0062350_0245421.jpg

◆朝食は外の景色をみながらのルームサービス。
 朝からかなりのボリュームでした。
f0062350_0252291.jpg

f0062350_1023314.jpg

◆山路地の部屋の建物とお部屋の中。
 水波の部屋は外から丸見えなので、ここはお忍びに最適!
 次に来る時はここにしよっと。 だれと? 勿論奥さんです^^
f0062350_22197.jpg

f0062350_13554139.jpg

◆庭路地の部屋の建物とお部屋の中。
f0062350_223739.jpg

f0062350_1356974.jpg

※山路地と庭路地のお部屋の中は、チェックアウト後スタッフの方にお願いして
 見せて戴きました。 快く対応してくれたスタッフ皆さん、笑顔がステキでした。

◆メディテーションスパのある建物。
f0062350_2353374.jpg

◆夜になると川に灯篭を流す為に準備してる所です。 
 寒いのにご苦労さん!でも光が弱いので夜は余り綺麗じゃなかったのが残念。
f0062350_2371818.jpg


休暇のつもりでも、悲しいかな私達はただの旅行者にはなれません。
どうしても、半分リサーチのつもりであら捜しをしてしまいます。
建物も美しいし一棟一棟違うし、全体としてはナカナカ日本には無い
リゾートホテルというか旅館だと思います。
只、残念な事に海外の一流リゾートホテルにまだ勝てないな~というのが感想です。
1泊2日だと気づかないかも知れませんが、3日くらい滞在するとわかる事です。

でも、住宅でもお店でもそして旅館やホテルでも出来た時から始まりです。
海外の一流リゾートホテルに負けないモノを作り上げて欲しいと期待してます。

☆最近一人食事とか一人旅をする女性が増えていると雑誌に出てますが
ホントにいるんですネ。スタッフの人に聞いたら1日1人はだいたいいるとの事で
宿泊した日も、30代前半くらいの凛としたカッコいい大人の女性が優雅に宿泊してました。^^
by works1211 | 2006-02-22 11:03 | ホテル・旅館 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://works1211.exblog.jp/tb/889330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by izola at 2006-02-22 19:07
先日ご本人の解説付きで写真を見せていただいていたので
なんだかすでに行ったことのある場所のようです。
これから徐々に「ハリウッドスターが長期滞在できるような宿」
というコンセプトが実感できるような空間になっていくといいですね。
あと数年してから滞在したい気がします。
Commented by works1211 at 2006-02-23 00:08
☆izolaさん
日本のリゾートに想いを込めて、
滞在した時の感想送っちゃいました。

でもizolaさんのような紀行文風には、ナカナカ描けないものですネ。
Commented by リリイ at 2006-02-26 16:11 x
足跡からきました。worksさん、はじめまして。

「星のや」素敵な所ですね♪
私が軽井沢に行った時は確かこちらは開発中だったので、このモダンな感じとは対象的なクラッシックな万平ホテルと鹿島の森に宿泊したんですが、万平のロビーは人がたくさんで落ち着きませんでした。
今度軽井沢に行く時はこちらに宿泊したいです。
Commented by works1211 at 2006-02-26 18:12
☆リリイさん、初めまして。
星のやは、敷地も広いしホテルと旅館の中間みたいなので
和とモダンを両方楽しめます。
でも、どうせいくなら新緑の季節のほうが好いと思います。
冬は、寒いし風邪ひきそーです。

リリイさんは、よく旅行され見たいなのでいいとこあったら
教えてください。又、遊びにきてくださいね♪

Commented by ぷう at 2006-02-26 22:24 x
はじめまして!足跡からやって参りました。
星のや、行きたいと思っていたので
素敵なブログを拝見出来て嬉しいです。
インテリアのお話など参考にさせて頂きますね。
Commented by works1211 at 2006-02-26 23:01
☆ぷうさん
こんばんは、はじめまして。
足跡付けっぱなしですいませ~ん。
星のやのHPで見るより、実際の環境はよかったです。
宿泊したら感想聞かせてくださいネ。お役に立てて嬉しいです♪
Commented by kinokosukisuki at 2006-02-26 23:09 x
寒そうですね、軽井沢。
でも暖かい季節は一杯になりそうな。

ご飯おいしかったです?
気になります。
Commented by works1211 at 2006-02-27 01:05
kinokosukisukiくん。
温泉入りすぎて風邪ひいた。

夜のご飯はかまど炊きの白いご飯。
朝のルームサービスは、何とか米(ベージュ色してた)に大根と
何とか人参(かなり甘かった)入りのご飯で、これもかまど炊き。
美味しかったので、残ったご飯をおにぎりにして持って帰りました。
<< ★コペンハーゲン、TOVEさん... ★超簡単カーテン >>