GALLERY
ご無沙汰しておりますが、皆様お元気でしょうか。
今回は久々なので真面目に、ちょっと長くなるかもしれません。
f0062350_1724945.jpg

いやな事件が多発してます。安全な国の象徴『日本』
それでも、他の国に比べれば安全と云えるのでしょうが、最近感じるのは
家族間の殺人とか家族に対する不満が爆発して大きな事件につながって
いる事です。親が自分の子供を愛していないはずはないのに、子供は
愛されてる実感を感じる事が出来なくなってるのは、ライフスタイルが欧米化
しているのに、親の表現力が昔のままだからではないでしょうか。
親の愛情をいっぱい浴びて育った子供は、思春期にぐれる時期もありますが
親を悲しませる“大きな事件”はおこさないと信じています。
事件の根底にある『家族』について考えてみようと思います。




4~5年前から住宅の仕事がメインにシフトし、マンションの計画をする時など、
私のコンセプトは『家族が仲良く暮らせる家作り』です。

皆さんは、そんな事あたり前だと言う筈ですが、このあたり前の事が
意外に忘れられ、表層の美しさや一方的なライフスタイルの提案の影で
家族が一度も顔を合わせなくても良いマンション等を作ってしまいました。
数年前から一戸建て住宅などは、この事の必要性を感じリビングルームを
通らなければプライベートの部屋にいけない“なんとかの家”を作っていますが、
そのハウスメーカーのアイデンティティとしてでは無く、あくまで
シリーズのひとつでしかありません。家族は毎日顔を合わせ無いような家は
“死んでも作らない”という事には、残念ながらいたっていないのです。

例えば、賃貸や分譲マンションを計画するときの基本はリビングルームを日当たりの
良い南側にとります。効率的に考えると長方形の南がリビングだと玄関は必然的に
北側になります。そうするとリビングルームまでの廊下をはさんで夫婦の寝室や
子供部屋を作ることになり、リビングルームを通らないで子供部屋に行けてしまうのです。

そうなんです!!1日親子が一度も顔を合わせなくてよい家、ここが問題なのです。
私が子供の頃テレビで見て憧れたアメリカの住宅は、玄関を開けるとまずリビングルーム
があり、吹き抜けになった階段を上がると子供部屋や寝室のドアが下から見えます。
いつも家族団欒で笑い声が堪えません。これが“豊かさ”っていうもんなんだと
狭いリビングで暮らしてた家族みんなで感じてました。

あれから、んん十年経ちうさぎ小屋から脱出し物質的にはアメリカ並みに
なりましたが家族団欒で笑い声が堪えない生活を送っているのでしょうか。

問題というのは多面的な要素があり、ひとつの要素だけを直しても解決しないのは
わかっていますが、住宅作りに携わっている我々は、家族のコミニケーションを
考えるときこの“1日一度も顔を合わせなくてよい家”を絶対避けなければならない
事だと思っています。 

そうは云っても、1日一度も顔を合わせなくてよいマンションや一戸建て住宅に
住んじゃってる方はどーしょうもないですねぇ。リフォームするにもお金が掛かりるし
諦めてるいる方もいると思います。

でもです、デザインやアイデアを考えるとき、しょうがないとか難しいからと
あきらめてしまっては何も生まれません。むずかしいけど何か“工夫”してみようという
心がアイデアを生みだします。99%無理だと思っても、あきらめないで何とかしようという
1%の可能性は60%と61%の50歩100歩の1%とは天と地の差があります。
今回のアイデアはそんなに大袈裟なものではありませんが。。。

例えば、リビングルームについてるドアを玄関から入ってすぐの廊下に付け
子供部屋に入る気配をリビングから感じるとか、リビングルームを通らないと
トイレに行けなくするだけでも違います。しかし、自分ではできないし
業者さんに頼まなければならないので、お金がかかります。
そこで、自分でできるしお金もたいして掛からない方法が二つあります。

一つは、夫婦がいつも仲良くしている事です。いい歳こいてばっかじゃないのと
子供は云うかも知れませんが、内心嬉しいのでちょくちょくリビングに顔を出す筈です。^^

二つ目は前置きが長くなりましたが、今回のテーマである、普段は通過するだけの
廊下やリビングを『GALLERY』にして家族みんなで楽しんで貰う方法です。
目新しい事ではありませんが、外国の家に行くと大体の家には家族の写真が
いっぱい飾ってある、あれです。
りビングルームを通らなければプライベートの部屋にいけない家ができなければ
リビングに来て話をしたくなるような工夫をしようという事ですが
形がなくても、想いを表現しようという心が大事だと思うのです。

●玄関を開けた時に見える廊下の突き当たりには、綺麗な夕日を背景に撮った
  奥さんと息子のモノクロ写真。いや~この頃の子供はほんとかわいかったですねぇ。
  最近は、何を聞いても沢尻エリカではありませんが“別に~”とか云って
  かわいくないですけどね。
f0062350_1723324.jpg

●廊下の空いたスペースには、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にとった写真、
 奥さんが初めてヨーロッパへ行った時の写真。そして家族で始めてリゾートに行き
 外人さんからかわいいと云われた息子の写真です。廊下に飾ってありますが、
 リビングと子供部屋のドアを開けた時必ず見えように位置を考えています。
f0062350_17232119.jpg

◆廊下ではありませんがダイニングスペースには、息子が5歳の時スペインの
 サクラダファミリアを見た後、眠い目を擦りながら描いた絵を飾ってあります。
 一番家族が集る場所に子供が小さい時に描いたお父さんやお母さんの似顔絵
 なんかも、きちっと額装して飾って上げると満更じゃない筈です。
 時々絵を変えてみると、それを通して話題が盛り上がりますよ。
f0062350_1827161.jpg


◆リビングのキャビネットの上には、トーメイアクリルのフレームに飾った、
 初めてリゾートへ行った時の楽しかった思い出の写真。
f0062350_17241899.jpg

 ※実は、この旅行が今の仕事に生かされています。今回のテーマからは横道に
 それますが事務所を夫婦で始め、2年後にスタッフを2名入れた3日後に
 クライアントの水着の撮影に便乗し、初めて家族でリゾートに行ったのがタイの
 プーケットでした。その時『自分を見つめ直す』と言うことがどういう事か実感したのが
 1週間過ごしたプーケットでの体験です。 結論は、“何もしない”と云う事でした。
 私達日本人は休暇をとって遊びに行くとき色々スケジュールを立てて
 目一杯何かをしょうと考えますが、ここにいたフランス人は1ヶ月位いて
 日中はボッーとしてるだけで夜になるとドレスアップして食事を楽しんでいました。
 私達も3日目迄は普通の日本人でしたが 、4日目からはフランス人になり
 非日常とは、雑念を取り払い“何もしない”事から生まれる
 アイデンティティの確認ではと感じました。
 帰って来てから2週間後、奄美大島の友人であるmちゃんから親戚で
 プチリゾートホテルをリノベーションしたい人がいるのでデザインして欲しいと
 連絡があり、プーケットで過ごした体験を話し初めてホテル、そして建築の
 デザインの依頼がきたのです。

◆一つ目の、夫婦がいつも仲良くしている事の提案です。
 お互いときめいてた時の写真をベッドルームに何気に飾っておくのです。
 倦怠期でひょっとして最近愛されてないんじゃないかと疑心暗鬼の方にお勧めです。
 しっかし、若かったですねぇ。。。
f0062350_1735351.jpg

とまあこんなとこですが、最近はデジカメで映しプリンターで出力出来るので
お金は大して掛かりません。 しかし、手間は掛かります。
この手間を掛けても必要な事は“死んでもやる”という気持が大事なんです。
子供が小さい時、親の存在感はありますが、思春期になるとウザクなります。
コミニケーションがうまく取れなくても、大切に思っている事のメッセージを言葉以外の
方法で表現して欲しいと思います。
又思い出だけではなく、リアルタイムで子供が撮った写真を綺麗に額窓して上げると
きっと喜ぶし、仲の良い家族の方もよりいっそう毎日が楽しく過ごせる筈です。

世のお父さんお母さん、そしてプロのコーディネーターの方々
家中、家族の写真いっぱいにして笑顔の堪えない環境にしましょう~♪


この記事を気に入ったらワンクリックお願い♪
by works1211 | 2008-06-25 18:10 | インテリア・建築 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://works1211.exblog.jp/tb/8470096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オランジェ at 2008-06-25 23:19 x
う~ん。「家」について考えさせられました。
うちはマンションなので、なかなかリビングを通らないと自分の部屋に行けない、とういう仕組みを作るには難しい状態です。
昔の長屋のような家はそういう意味でも、自然に家族のコミュニケーションがとれていたんでしょうね。

以前に言って下さった、額装、いいですね。
早く買いに行かなきゃ(笑)
息子さんの5歳の絵にびっくりです。っていうか、その年齢でスペインって!いい情操教育されてきたんでしょうね~。
うちの子のと比べると雲泥の差が・・(笑)
でも、きっとWORKSさんのお子さんだから、遺伝的にも芸術肌なんでしょうね。。
Commented by たけ at 2008-06-25 23:51 x
昔から、私が家を建てるとしたら、
絶対、リビングを通らないとどの部屋にもいけない作りにしようと思ってました!
やっぱり家族がかならず顔を合わせるって大事ですよね
Commented by lagoon33 at 2008-06-26 00:03 x
お宅へお邪魔虫の度、家族のフォトギャラリィ楽しく拝見させて頂いててます。^^
それにしてもまあ20代ですよね仲良し写真。お若い!!
なつかし~い^^

グットタイミングです。
「家族が仲良く暮らせる家作り」。そのまんまのテーマで「親子二世帯住宅」コーディネイトを友人から頼まれてるのですが、、。
worksさん、島に来ませんか?
勿論、設計の依頼です。(遊びも兼ねて♪♪)まじっ!
相談しようと思ってた所でしたので、、。
来月、そちらに行きます。
追って連絡しまっす。^@^

又、遊んでね~。^^
Commented by あや at 2008-06-26 11:27 x
お久しぶりです。
うちでも少し前から、子供の画を中心に飾り始めたところです。
友人アーティストの家でセンスよく子供の作品を飾っているのを見て
真似してみようと思った次第。
額装は後回しで
とりあえずそのまま壁に貼ったりしてますがね
でも自戒を込めてですが、
飾り過ぎは禁物ですね。
ごちゃごちゃしちゃって引き立たなくなっちゃうし、
素敵に見えないから!

夫婦の写真は、全然念頭になかった。
なんか探してみよっと。
素敵なアイディア、拝借です。
Commented by works1211 at 2008-06-27 01:37
☆オランジェさん。
オランジェさんちはべランダレストランはじめ
なんやらかんやら工夫をして楽しんでいるので
子供は幸せですねっ。

情操教育なんてなんもしてません。放任主義です。
置いてく訳にいかないもんで。。。
ただ小さい内にいっぱい感動することですかね。
サクラダファミリアをみたあと異常なテンションで
一気にあの絵を描きあげましたから。

言っときますが私は芸術的才能はないので
息子も芸術肌ではありませんが
“感動”は芸術家にさせるですかね~。
Commented by works1211 at 2008-06-27 01:38
☆たけさん。
やっぱりたけさんは絶対!好いお母さんに
なれますねぇ。
今年は輪が広がって、いいこといっぱいありそうだし
近々達成出来そうじゃありませんか。^^
Commented by works1211 at 2008-06-27 01:39
☆lagoon33ちゃん。
若いし、ペアルックじゃないけど色も
赤であわせてるし、はずかしー!

おお!いいねぇ、いいね。暖かくなったし仕事と遊び、
両方ね。どうせなら、二人で仲良く行くよ。まじで^^

7月ねっ。打ち合わせの後、勿論遊んだげるよ。
例の、ニューヨークデコのお台場で。
Commented by works1211 at 2008-06-27 01:40
☆あやさん。
お久しぶりですねぇ。元気してましたか?
愛する子供の描いたものは
あれもこれも皆貼りたい気持ちは解りますね。
だから、どんどんはりかえていけばいいかもね。

あやさんちは倦怠期じゃないから
必要ないんじゃないのぉ♪
でも、ときめいてた頃の写真を見ると
気持ちがやさしくなれますねっ。
Commented by jun at 2008-07-02 11:21 x
こんにちは。

さりげなくてイイアイデアですねえ。
ちょっとした工夫で、
生活に彩りが!

家族のコミュニケーション、
リビングに限らずお家は、
そのための演出が必要だなあと思いました。

うちでもこれから考えなきゃと思いますよ。
Commented by works1211 at 2008-07-04 02:44
☆junクン。
おお、元気でがんばってるかい。

やろうと思えば誰でも出来るけど
加工したりしなきゃいけないので
結構手間がかかるんだよねぇ。

今年から新しい家族が増えるので
楽しみだし、毎日が笑顔で暮らせる
家づくりを実践してくださいよ~。
Commented by ねーちぇ at 2008-07-19 13:50 x
サクラダファミリア、傑作ですね~!
(うちも姪っ子の黄金の稲穂っぽい絵を額装しています。^^ )
アクリルフレームの抜け感あるディスプレイも素敵だし、
照明に映える木製フレームの写真もとっても素敵。。。
しかしさすがプロですね、インテリアも居心地良さそうで
とても参考になります。

素敵なご提案、今回もまねっこリストの上位に勝手に加えさせて頂きました。^^
リストがworks色に染められてゆきます?!
Commented by works1211 at 2008-07-19 22:53
☆ねーちぇさん。
子供の絵ってホント癒されます。
邪念がないからでしょうかねぇ。

ねーちぇさんも子供をいっぱい作って
壁面に絵をたあくさん飾って上げてください。^^

まねっこリストに登録されるのは2回目かな?
これからも、ねーちぇさんのまねっこリストに
たくさん登録される様がんばりま~す♪
Commented by 長野の妹にゃんこ at 2009-04-11 00:23 x
うう~、お部屋の額の写真はそういう意味があったのですか。納得です。
「別に~」と言っている彼にもお会いしたかったです。
いつか(地面を這い続けている会社が普通の会社になったら)お家を建てたいです。その時はぜひぜひデザイン・・・いいえコーディネイトしてください。お金いっぱい貯めますから<m(__)m>
Commented by works1211 at 2009-04-12 21:22
☆長野の妹にゃんこサン。
一日に2回もコメントありがとさん。

デザインというのは、突然なんとなくでは無く
頭で考え、それを形にしていくんです。
一見軽く見えますが、一応真面目に考えてるんですよ。^^

「別に~」の彼はシャイですけどねぇ。

デザインでもコーディネイトでも
なんでも、なんぼでもやりまっせぇ~♪
<< ミスブランチ ニューヨークアールデコ >>