倉俣史朗
少し前の日経アーキテクチュア11-13号、巨匠の残像に
一般の方にはなじみがないと思いますが、今は亡き日本が誇る
インテリアデザイナー倉俣史朗さんの記事が出ていたので、
初めて会った(面識は無いので正確には、見ただけ)時の事を思い出しました。
f0062350_2231271.jpg







インテリアデザイナー内田繁さんがデザインした
六本木のBAR(名前は忘れました)で飲んでいたら、三人連れが座りました。
ビッグテーブルの隣り合わせだったので話がよく聞こえ、
『イスラエルの仕事を頼まれているけど、
最近行き詰ってどうしたら良いかわからなくなってきてねぇ』
顔を見ると雑誌でしか知らない倉俣史朗さんでした。

インテリアデザイナーの仕事を始めて5年、私はデザインする事に
悩んでいました。でも、こんな偉大な人でも私と同じ様に悩んだりするのか
と思うとすご~く気が楽になった事を思い出したのです。

商業施設のデザイナーの作品は建築などと違い、
長くて10年、短ければ3年位でリニューアル、
又は商売にならなければ半年でなくなる場合もあります。
倉俣さんの作品も現存するものは数店舗。
といっても淋しい事ですが、家具を除いて倉俣さんらしいのは皆無です。

一般の人に知られているのは、家具だとMOMAの収蔵品にもなった
代表作「ミス・ブランチ」や映画「スニーカーズ」に登場する、
エキスパンドメタルで製作した「ハウハイザムーン」の椅子です。
店舗だと昔のイッセーミヤケなどですが
特に西武B館1Fにあった黒に塗装したエキスパンドメタルで店全体を作った
イッセーミヤケの店は谷崎潤一郎の“陰翳礼讃 ”を思わせ、
それはそれは美しかったです。

そんな歴史に残るようなインテリアデザイナーなのに
倉俣さんの明確な著作は無く、作品が掲載された雑誌も
全てインタビューして編集したものなので、
何を表現したかったのかほんとのところは分かりません。
只、浮遊感とかトーメイアクリルを多用したので、
モノの存在感を消す事で自由に対する願望を
表現したかったのではといわれています。

私は初期の「ミルクボーイ」から晩年最後の作品「ラピュタ」
迄で実際店を見て感じた事があります。

トーメイガラスやアクリルを使うのは、モノの形を消す事で、
主役はデザインされたモノそのものではなく、
あくまでそれを使う人である事を表現したかったのではと思ったり、
建築部材の安価なエキスパンドメタルや壁面の下地材に
使用するOSBを仕上材に使うのも、
普段目にする表層の内側に隠れているモノも
大切である事を伝えたかったのではとかです。

そして、ポストモダンの旗手イタリアのデザイナー、エットーレ・ソットサスに
誘われデザイン運動であるメンフィスに参加した後、
強化ガラスを両側にはさみ、3層の中間に入れたガラスにひびを入れた
“クラッシュガラス”は、割れた瞬間を表現して
はかない命の美しさを感じさせてくれました。

又「ミスブランチ」ではバラの花をトーメイアクリルの中に埋め込んだのは
形よりそのモノの内側に潜んでいる”こころ”を
表現したかったのではないかと思っています。

同時期フランスのデザイナー、フィリップ・スタルク
(アサヒビールスーパードライのホールの屋上に火の玉がのっかっている
建物をデザインしたので、一般の人にもなじみが深いと思います)
がNYのホテル”ロイヤルトン”で壁面に穴をあけ、
そこにバラの花を挿して表層を華やかに装飾したのとは対象的に
何かを足していくのではなくバラの花をトーメイアクリルの中に内包する事で
日本人独特とでもいうべき”引き算”の表現を実現しました。

つまり人のこころと云うか、“精神”をデザイン
モダンデザインのもつミニマムで冷めたいイメージを
禅のこころでもあり、茶のこころでもある“あたたかな静けさ”を感じさせ
こころに響くデザインを具現化させてくれたのです。

理屈を超えたところに到達した感がある倉俣史朗さんの事を
私ごとき凡人が解説するのはおこがましいし、そんな単純な事でないと
お叱りをうけるかも知れませんが、そんな風に感じていました。

又、気が付く人はほとんどいませんが、恥ずかしながら私のBLOGの
右上にある卵から薔薇の花の代わりに♡がヒラヒラ舞っているのは
「ミスブランチ」に対する私からのオマージュでもありました。。。

ミスブランチの収蔵美術館は、
ニューヨーク近代美術館(MoMA)、パリ装飾美術館、
ヴィトラデザインミュージアム(ドイツ)、サンフランシスコ近代美術館などですが
興味があるお方は是非、美しすぎて儚くもある
“あたたかな静けさ”を一度感じてください。
日本ではミスブランチの肘掛の曲線が違うプロトタイプが
事務機のメーカー「コクヨ」の本社に置いてあるそうです。
ちなみに、「ハウハイザムーン」はhhstyle.comで販売してますが
値段は約88万円だそうです。ちょっと手がでませんねぇ。。。

下の写真はミスブランチと私が持ってる倉俣史朗さんのスケッチ集
「スターピース」です。この他にクリスマスプレゼントで友人M氏から
絶版になった自筆のサイン入り初期の作品集を貰う事になっています。
f0062350_1241332.jpg

by works1211 | 2006-12-23 15:00 | デザイン | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://works1211.exblog.jp/tb/4126515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lagoon33 at 2006-12-23 21:50 x
なんと懐かしい名前を耳にした事か♪
私も倉俣史郎さんへの、workssaさんの考え、解説、思い、とてもとても同じくに、心熱く感動しました。
生前の倉俣史郎さんの全盛期初期頃、私もひよっ子で、当時の事務所の引越し先が偶然にも、倉俣氏の事務所の真上(当時六本木)で、
言葉少なく物腰の柔らかい方だと言う印象を今でも記憶してます。
その後、十年くらいした頃某学園のお仕事で御一緒したカメラマンのH氏
が倉俣氏の作品を撮ってる方で、その後H氏を介して偶然にも倉又氏の
息子さんと会う事になり色々お話をしました。
それも内田繁さんデザインのお店でですよ。なーんか不思議な不思議な
縁と言うか、、そのお店池尻あたり?(worksさん言った事あるはず)
あの頃倉俣史郎さんて、憧れで雲の上方でした。^^
有難う^о^worksさん,倉俣史郎さんのお話。感動でした。
Commented by works1211 at 2006-12-23 23:26
☆lagoon33 ちゃん。
あの時33ちゃんが勤めてlたスタイリストの事務所が上に
あつたからコメントくれると思ってたよ。
その横の事務所イシ○ルの人との思い出とかねぇ。
青春時代だったねっ。まだかわいかったし。。。
僕も、時々倉俣さんの事務所をのぞきに行った事あつたなぁ。

一郎さんにも会ったことあるんだ。

M木さんが昔倉俣さんのサイン入り作品集を持ってたの
思い出し、電話したらプレゼントしてもらう事になったんだよ。
Commented by lagoon33 at 2006-12-24 01:26 x
ハッハーッ!!そうよ余りにも懐かしくてドキドキしたくらいだもの、、。
その横のイシ〇ルのNさんねぇー。
その後の、某学園の仕事の時Nさんにもマタマタお世話になったです^^
確か独立したと聞きましたが、、、。
ホント、ホントニ青春してました。仕事も何もかもが楽しくて今までの中で一番輝いていた時かも知れませんねぇ。♪
今とナっては、イブシ銀(いいえまだ早い)??
洗練された大人の女性??(まだまだ程とおーい!)
M木さんてあの、、、、。宜しくと、、、^о^

そのサイン入り作品集、今度是非、見せて下さいネ!(いいなー。)
多分、カメラマンはH氏かもしれないです。
 
Commented by works1211 at 2006-12-24 14:00
☆ lagoon33 ちゃん。
我が青春の思い出!大切にしまっておきましょ~。
でも、まだまだ我々も気は若いし楽しい事も
いっぱいあるしこれからだよっ。^^

送ってくれたやつ、今日飲んだけどおいしかったよ。
ありがとさ~ん☆
Commented by jun at 2006-12-25 19:31 x
うらやましい。
今となっては、会うこと出来ないですもんねえ。

確か私が大学入学のころ、亡くなってしまいました。
作品集もその頃大学で見て、何度も繰り返し見たものです。
(モノクロの写真集と、アイデアスケッチ集とかありました)
時期的にイルパラッツオのバーとかを、パクってみたりしてました、(^^;
誰が見てもバレバレでしたけど。

今でも残ってるお店、無いですかね?
今のうちに・・・。
Commented by works1211 at 2006-12-26 00:58
☆jun クン。
残ってる店は赤坂「梅ノ木」。みた事ないし知らなかったし
写真で見る限り、倉俣さんらしい店ではないと思うよ。
イルパラッツオのどこを?薔薇の花を埋め込むのはお金がかかるし・・。
27日Mさんサイン入り持ってきてくれるんだって~。
Commented by jun at 2006-12-26 11:00 x
残っているんですねえ。
たしかにらしくは無いかもですが、行ってみようかなあ。(高そう、汗)

イルパラッツオは学校の授業で、しかも先生は元倉又事務所で・・・(^^;
確か、天井高くて丸柱が立ってて奥にカウンターみたいなのをマルゴトパク・・・。
バラは流石に手を付けれませんでした。
今、思えばしょっぱい思い出です。

Mさん、そんな良い物隠し持ってたんですねえ。
見れるの楽しみです。
Commented by works1211 at 2006-12-26 22:07
☆jun クン。
リサーチで落としなさい。ついでに僕もねぇ
若い頃からパクリはいけないよ。
でも、昔は倉俣さんをみてその年のデザインの方向性
を皆決めてたからなあ~。。。

Mさん忘れないだろうな?
Commented by tomoko at 2006-12-27 14:03 x
倉俣史朗さんですかー!
勉強したはずなのに・・・記憶があいまい・・(^^;) でも、この記事をよんで
現存する作品を見に行きたいと思いました。

前から右上のタマゴちゃん気になっていたのです~☆
そんな気持ちがこもっていらっしゃったのですね。
ひらひらと可愛いし、ほんわり癒されます。
worksさんの訪問者へのお心遣いだと思ってました(*^v^*)
Commented by lagoon33 at 2006-12-27 21:45 x
今朝届きました。ありがとぉーです。(メチャ嬉しいです。)
チビチビと頂きながら美しい空間で美しい時間を過ごさせて頂きます。^^
倉俣史郎さんでマタマタ思い出した方が、、、、。
あの頃、溜池の方に青木さんと言う彫刻家の方(当時、活躍されてて作品に琵琶湖のとんでもないオブジェとか、、)
のステキなショールームが在り、そこに倉俣史郎さんや内田繁さんの
作品(椅子とか照明)が展示されていたのですが、、、。
その方自ら、イタリアやスペインに出向いて無名の方オブジェ等を
収集していらしてて、、、、。
(仕事でよく足を運んでたものです。^о^)
その後の情報あります??worksさんも行ってますよ。
思えばホントニ周り身近にすばらしく刺激的なアーティストの方々が居た者ですねぇー。^@^
なぜか元気が出てきた。これからも頑張ろうーっと。、、です。♪
Commented by works1211 at 2006-12-28 23:49
☆ tomoko さん。
是非、MOMAにでもいってくださいねぇ。

TOMOKOさん、気が付いててくれたんですね。^^
ずっと前から見てくれてた友達に云っても
そんなあつたっけなんて言われます。
オマージュと、勿論来てくれた方に対する
愛情のしるしでもありますよ~☆
Commented by works1211 at 2006-12-28 23:57
☆lagoon33ちゃん。
えぇー、25日必着で送ったのにぃ。。。
やっぱり島は時間が掛かるんだねっ。
これで33ちゃんとも死ぬまでクリマスにはプレゼント交換だね。^^

僕は行ってないと思うけど?誰かの間違いじゃなあぃ。
でも、元気が出てきて良かったよかった。
ところで元気なかったけ?^^
Commented by lagoon33 at 2006-12-29 00:23 x
ウン、いいよ、^о^
次からクリスマス楽しみですぅー。

いえ、ますます元気でました。ハイ♪

Hさん返事有りました。^^
何度もお邪魔しましてどーもでした。^@^
Commented by works1211 at 2006-12-30 11:44
☆lagoon33ちゃん。
じゃぁ、毎年だね。楽しみたのしみ^о^
元気が取り柄、ねぇ33ちゃん~~。

Hさん、今頃かぁ。。。相変わらずだなっ。
<< 2006・WORKS Late vacation i... >>